満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 全国の空襲被害者らが大集会 東京。浅草

<<   作成日時 : 2015/03/08 09:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

戦後70年の節目を、すべての戦争被害を解決する出発点にしたいと、太平洋戦争中の空襲や原爆などの被害者や遺族らでつくる実行委員会が6日、東京・浅草で集会を開いた。都内はじめ沖縄、広島など全国から約800人が参加した。(東京新聞ー3月7日付)

画像
      「空襲の補償 民間人にも」 

 実行委員長代理で弁護士の児玉勇二さんが「軍人軍属と民間人の補償の差は54兆円。すべての人の戦後補償を政府に求めよう」とあいさつ。
 東京大大学院の高橋哲哉教授(鉄学)は「戦後70年の歴史認識を問うー新たな戦争を許さぬために」と題して講演し「政府は国策の誤りに責任を負うべきだ。国が始めた戦争の被害者に補償がないのは不条理極まりない」と呼びかけた。
 合唱団「この灯」が痛ましい空襲体験を歌で披露。長崎県や沖縄県からの参加者も口々に戦争の悲惨さを語り「戦争犠牲者、被災者をほったらかしにしないで」「私たちには時間がない。援護法の制定を」と訴えた。
 副実行委員長の小林節慶応大名誉教授(憲法学)は「補償を実現させるには、この活動をもっと多くの人に知らせ、情報を継承することが大切」と連帯を呼びかけた。


【追記】慶大名誉教授の小林節さんが「いままでこの世界を知らず、人生観が変わるほどのショックを受けている」と話したことが極めて印象的でした。

【注】牛山れい子さんから当日の写真を送っていただきました。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
全国の空襲被害者らが大集会 東京。浅草 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる