満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 戦後70年 東京大空襲語り継ぐ集い

<<   作成日時 : 2015/03/10 05:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京大空襲から70年の今年、「東京大空襲を語り継ぐ集い〜東京大空襲:戦災資料センター開館13周年〜が8日、東京都江東区文化センター・ホールで行われ、500人以上が参加しました。(しんぶん「赤旗」・3月9日付)
 
画像
     ”平和の大切さを学ぶ” 

 1945年3月10日、約300機の米軍爆撃機B29によって東京の下町は一夜にしてして焦土と化しました。推定10万人以上の市民が犠牲になったと言われています。
 当時、城東区(現江東区)第一大島国民学校で2年生の担任をしていた田近治代さん(88)が、もんぺ姿で登壇。田近さんは当時、千葉県の市川に生んでおり、空襲を逃れましたが、学校の教え子全員を失いました。「あたり一面の死臭で息ができなくなりました。人や馬の焼死体につまづきながら子どもたちを探しましたが、会えることはありませんでした」
 田近さんは「この恐ろしい体験が原点。70年間日本に戦争がなかったのは憲法9条があったからです。守っていきたい」と語りました。
 同資料センターを訪れ学んだことを、中高生が発表しました。小学6年の男子児童は「日本は戦争しないと決めたから爆弾が落ちてくることはない。戦争の歴史を理解し、平和の大切さを学びたい」と話しました。
 早乙女勝元・同資料センター館長(83)は同センターの役割について、「戦争で民間人が体験した悲惨な犠牲を知り、学ぶということが戦争への道のブレーキになるのではと信じている」と話しました。
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
戦後70年 東京大空襲語り継ぐ集い 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる