満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 江東区民オンブズマン 4月号 

<<   作成日時 : 2015/04/03 07:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

江東区民オンブズマンの会の会報。2015年4月号(NO.130)の一面。3月21日に開かれた第15回定期総会の模様が報道されています。下欄のコラム「声」は鈴木康吉事務局長が執筆。

画像
      区政チエック継続を確認
       ー第15回定期総会ー
 
  
 さる3月21日、江東区民オンブズマンの会は、江東区産業会館で第15回の定期総会を開きました。総会には、江戸川オンブズマンの深谷静雄代表幹事も激励に駆けつけあいさつしました。
 総会は、、正木代表のあいさつの後、田島、木下幹事を議長に選出。鈴木事務局長が報告しました。
 報告は、15年前の区政の「飲み食い裁判」を振り返り、この間の議会、政務活動費や費用弁償問題の追及。区長、議長の交際費問題など江東区政をめぐる多くの問題を取り上げ、改善させてきた事が報告されました。
 特にこの一年は、政務活動費の追及で、各会派がひとり月額20万円の政務活動費を使いきれず返還していること。議会に「議会制度の在り方懇談会」が設置され、オンブズマンを意識して改善の動きが出ていると報告されました。
    
     
      オリンピック関連などの無駄遣い 
 
 次年度の運動方針は、矢野副代表が報告。違法・不当な政活費の返還を求めること、引きつづき区長らの交際費や行政委員報酬問題、オリンピックに関連するムダや国保・介護保険料値上げのチエックなど継続することを確認しました。また、次期役員を選出(再任)し終了。最後に懇親会を行い交流しました。

画像
】「子どもが校庭で蹴ったボールが外に飛び出し、通りかかったバイクの高齢者が転倒、後日死亡した。裁判で子どもの親に1100万円の賠償命令。子どもの親が「外で遊ぶなーというしかなくなる」よ言ったという。先日、朝日新聞にこんな記事が▼そう云えば、近所のひろばに「ボール遊び禁止」の看板があった。判例では子どもに係わる事件は、親の「監督責任」で、賠償請求されるようだー と書いてある。記事は最高裁の「判決待ち」と逃げて「意見」を言わない▼それってないだろうー高齢の被害者救済は当然だが、加害の少年の親に賠償させるのは余りに気の毒だ。法改正が必要だが、私なら「国家賠償」の道を提案したい▼日ごろ、「子どもは国の宝」といいながら、事が起これば自己責任で、保護者にしりぬぐいをさせる。その方がおかしいのだ。最高裁まで争わないと結論が出ないのだろうか?(康)

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江東区民オンブズマン 4月号  満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる