満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「消えた年金」 信頼できない首相の口約束

<<   作成日時 : 2015/06/01 06:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 5月16日付東京新聞紙面に、安倍晋三首相の発言が問われる象徴的な二つの記事が掲載された。2007年の参院選の争点になった第一次安倍政権時の「消えた年金」問題の発言と、現在国会で審議中の安全保障関連法案についての発言だ。(東京新聞「発言欄」−鈴木純平さん)

画像
    「消えた年金」最後の一人までほご 

 首相は、「消えた年金」問題で当時、「最後の一人まで記録をチエックして年金を支払う」と約束している。ところが、16日付け三面の記事によると、持ち主が不明の「注に浮いた年金」記録5千95万件のうち、6割しか解明できていないのに、これを審査する第三者委員会の廃止を閣議決定したという。「最後の一人まで」の約束はほごにされた形だ。
 一方、首相は安全保障関連法案についての記者会見で、「米国の戦争に巻き込まれることは絶対ない」と発言したと1面に報じられてた。しかし、「消えた年金」発言で分かる通り、首相の発言はその場限りで、信用できないと思う。


画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「消えた年金」 信頼できない首相の口約束 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる