満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「わたしの党へ」 永井和子著 −5− 「娘に」

<<   作成日時 : 2015/07/22 05:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1997年8月15日発刊された「わたしの党へ」という小詩集からの一篇。娘「亜子(あこ)」が成人を迎える前の年、巣立ちを迎える彼女に母親が包み込むような思いを書いた。その日は80年の12月13日。誕生が15日だからその2日前だ。

画像
もうすぐ はたちをむかえる あなたの
いのちのまぶしさ 
はつはるの 陽光のように あたたかく
よあけの風の甘さにみちて

あなた むすめ だから

遊びを知らない子どもたち
まっすぐに歩けない子どもたち
戦争にさそわれる子どもたち
かなしい子どもがふえつづけるこの国で

あなた 草や木を 大地をまもりなさい
あなた 平和をまもりなさい
あなた 健やかないのちを産みなさい


あなた 母になる いのちだから

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「わたしの党へ」 永井和子著 −5− 「娘に」 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる