首相の改憲主張に 九条の会抗議会見

憲法九条をめぐり安倍晋三首相が国会答弁で改憲に言及したことを受け、護憲派の市民団体「九条の会」は8日、東京・永田町の参院議員会館で、発言に抗議する記者会見を開いた。(東京新聞・2月9日付)

画像
 会の呼びかけ人の作家、沢地久枝さんは「安倍政権は人を殺し、殺される交戦権を認めようとしている。命懸けで反対しないと、戦争できる国になってしまう」と訴えた。
 安倍首相は3日の衆院予算委員会で「憲法学者の七割が自衛隊に違憲の恐れがあると判断している」と指摘し、改憲の必要性を訴えた。これに対し、会のメンバーで、昨年7月の安全保障関連法の公聴会で「自衛隊は違憲」と述べた小沢隆一・東京慈恵医科大教授は「(私たちの意見を)逆さまの意味で自分たちの主張に合わせるやり方に怒りを感じる」と批判した。
 渡辺治・一橋大名誉教授は「明文改憲を言い出したのは、安保法を強行採決したが実際に自衛隊を海外に出動させる際、九条が障害になるからだ。九条を壊さないと安倍首相が考える国にならないからだ」と指摘した。
記者会見した9条の会メンバー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント