満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 満洲・公主嶺小同窓会誌 第8章 エピソード −49−

<<   作成日時 : 2016/04/26 06:40   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

畜産試験場。引込み線を越えると、赤煉瓦の建物が点在し、木陰に中国人がのんびりと、これも仕事のうちと遠くに草を噛(は)む羊にものうげな目をやり、また雲の行方でも見定めるように、ひっくり返る。(記念誌362頁下段)

画像
    羊舎で雀つかみ捕り
        島田昭文(33回生)

 今日はバークシャーにもヨークシャーにも目をくれず、放牧で空き家の羊小屋に直行する。屋根にある換気口まで梁伝いに登る者二人。身軽な松田茂、古賀繫好君。窓を閉める者はその他。あいにく在宅中の羊に途惑うが、随時に行動を開始する。泣きわめく羊にぶつかり、押しのけ、悪戦苦闘しながら奥行きのある窓を閉める。10ヵ所もあったろうか。 
画像
 幼い梁上の君子は逃げ惑う雀を追い払う。声をあげ、手を振り、それでも逃げようとする雀に、梁につかまった手が留守になり、ひやりとうる。哀れな犠牲者は窓に殺到して頭をぶつけ、目をまわし、ガラス窓にむなしく羽ばたき、ずり落ち、はい上がる。ポケットに各自2,3羽をものにするときは汗びっしょり。焼き鳥になることは皆無。次から次に解放して、青空に点になって消えるまで見送る。
 モズの鳴き声に、放した雀を心配する。ふしぎな子供心に、夏の太陽はまだ高い。

】右写真 畜産試験場

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
満洲・公主嶺小同窓会誌 第8章 エピソード −49− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる