満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 満洲・公主嶺小同窓会誌 第8章 エピソード −50−

<<   作成日時 : 2016/04/27 05:41   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

昭和13年11月18日5時半、公主嶺小学校創立31周年記念学芸会が、講堂で始まりました。私が2年生のときです。(記念誌363頁上段)

画像
  「いなばの白兎」の劇   
   舟木賢ニ(旧姓高瀬・35回生)

 
 先生が「いなばの白兎」の劇に白兎の役を下さり、ザラ紙に印刷された分厚い台本を渡されました。最初から終わりまでの主役ですから、台詞(せりふ)がものすごい量です。
 そのころ、すぐ下の妹が扁桃腺の手術で満鉄病院に入院し、母も付き添っておりましたので、毎日学校の帰りに公園を横切って病院に寄り、母に台本を見てもらいながら一生懸命に台詞を覚えました。

画像
 鰐をだまして向こう岸に渡ったところで、鰐どもから白いセーターを脱がされ、暗闇の中で赤いセーターに着替えるのですが、あわてているのでなかなか手が通らなかったり、意地悪な須佐之男命の石垣信也君に海水で洗えばよいといわれ、泣く声がおかしかったのか、どっと笑いが広がったこと。大国主命は元治信雄君でなかったでしょうか。再び白いセーターを着てフイナーレ。
 学芸会のプログラムと舞台で全員そろって移した写真が昭和56年夏、山本、野元君から送られてきたときは、感激の極みでした。

】右下写真がその時の貴重な写真。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
満洲・公主嶺小同窓会誌 第8章 エピソード −50− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる