満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 公主嶺小同窓会誌 第7章 エピソード −11−

<<   作成日時 : 2016/06/20 05:45   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

小学校4年から6年にかけて、郭家店から公主嶺へ汽車通学をしていた。汽車の便がわるく、貨物列車の後尾の車掌車に便乗することも度々あった。低学年生には、乗り降りが大変だった。公主嶺まで、蔡家、大楡樹に停まり、約1時間かかった。(記念誌273頁上段)

画像
     忠実な野良犬のペス
         安部鹿次郎(25回生)


 そのころ、いつのまにか、野良犬のペスが私の家に居候するようになった。ペスは艶の良い黒毛で、耳が長く垂れたセッター種だった。ペスは毎朝、私を駅まで送り、帰って来るころに駅のホ-ムで私を待っていた。
 私が5年生のとき、父がドイツ製の空気銃を買ってくれた。郭家店にはパプチャプ公園があり、アンズ、ナシ、スモモの果樹や、その他の木が茂っていた。
 そして、雀などの小鳥が群れていた。とくに夕方は撃ち易く、一寸間に20羽はとれた。ペスはそれを得意そうにくわえてくるのだった。

画像
 私達を駅まで送って来ていたペスが、いつごろからか、一緒に汽車に乗り込むようになった。駅員も車掌も、それをとがめなかった。公主嶺で降りて、駅の付近で時間をつぶし、私が帰る時刻には、再びホームに現れて、一緒に汽車に乗って帰った。

】右地図は当時の満鉄「連京線(大連ー新京)」の路線を表したもの。中央に公主嶺、左に三つ目が郭家店。ほぼ1時間ほどの距離。公主嶺小学校には、お隣の「大楡樹」と合わせて、汽車通学していた児童がかなりいたように記憶している。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
公主嶺小同窓会誌 第7章 エピソード −11− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる