満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 公主嶺小同窓会誌 第7章 エピソード −44−

<<   作成日時 : 2016/08/16 07:07   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

5年生のときであった。まだよく滑れもしないのにリレーの選手に出され、さかんな声援の中で見事ころんで最後になった恥ずかしい経験。(記念誌289頁下段)

画像
    寝台車?で修学旅行
         谷 照清(29回生)


 満鉄関係や町のクラスメートはだれもが速く、すごく上等な銀色に輝くスケート靴を格安で手にしていて、われわれ軍人の子供にとっては、非常にうらやましい思いをさせられたものである。
 6年生の修学旅行では、板切れ二枚を各自が持参し、向かい合いのシートに橋渡しをした急増の寝台車で旅順、大連に行った。
 二〇三高地、白玉山、水師営、東鶏冠山などを見て回ったが、60歳近い男の案内人が、涙を流さんばかりに日露の激戦の様子を熱弁をふるって説明してくれた。この人は攻防戦生き残りの兵士だったそうである

画像
 それにしてもこれらの要塞を築き上げた巨大なコンクリートの塊はすごいもので、深い遮蔽壕の底には両側から銃眼がのぞき、日本兵が飛び込んで来たが最後、みな殺しになるという算段になっていた。水師営での記念写真、ナツメようかんの買い物など懐かしい思い出となっている。
】修学旅行は戦局悪化で昭和18年からは中止。 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
公主嶺小同窓会誌 第7章 エピソード −44− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる