「もう、帰ってくるな!」 と、基地司令官

 「敷島の大和心を人問えば朝日に匂う山桜かな」といえば知る人ぞ知る一首。太平洋戦争の末期、1944(昭和19)年10月、神風特別攻撃隊の先陣を切った4隊のネーミングに使われた本居宣長の短歌である。若者は敷島、大和、朝日、山桜という美名に煽られて死地に飛び立った。

画像
   恐るべし 「もう、帰ってくるな!」
  
 通説では神風特攻の第一陣は1945(昭和19)年10月25日、関行雄大尉(海兵70期)率いる「敷島隊」(写真)と言われているが、実情は敷島隊がフイリピン・ルソン島のマバラカット基地を出撃したのは21日。同隊はその日から三度(みたび)出撃するも、悪天候のため索敵できずその都度帰投した。4度目の出撃は25日。そのとき基地の司令官が隊員たちに言い渡したのが、恐るべし、「もう、帰ってくるな!」だったという。

画像
消息通によると24日には、大和隊の飛行予備学生・久能中尉がすでに突っ込んでいた。軍司令部は、軍神の第1号は海軍兵学校出でなければ面目が立たないということで、発表を遅らせ、前出の「帰って来るな」という指示になったという。
 右は昭和19年10月29日の朝日新聞、「神鷲の忠烈萬世に燦たり」との見出しが躍っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント