満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 公主嶺小同窓会誌 第6章 エピソード −20−

<<   作成日時 : 2016/12/17 07:11   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 てんびん棒の前後にマクワ瓜5〜60個入った籠をぶらさげて、霞町も道をゆらりゆらり通るのはお百姓のニイヤン。緑に白い縞入りの小型マクワ瓜。(記念誌217頁下段)

画像
   行商に来たニイヤン
     川北和子(旧姓神田・24回生)

 
  まず見本に端っこをチョイと切って、サッと振ると、なかの種がドロドロッと飛び出し、いい香りがして、買い手の母をうなずかせて売って行く。甘くて、サクッとして、味は抜群!
 柳の芽吹くころ緞子(どんす)を一杯つめた柳ごうりを更にドンゴロスの布で堅く包んで、ちよっと身ぎれいな商人がやってくる。部屋一面色とりどりの布が広げられると、絹の香りがして、母の側で華やいだ気分に侵ったものだ。
 
画像


 
 いつだったか、女優の筑波雪子、五月信子、八雲美恵子が来公、畜産場のサイロを背景に写真を撮ったときのチャイナドレスは、緞子特有の絹の光沢を存分に放った色だった。
 後年アメリカ映画「慕情」で、香港女性を演じるジェニファー・ジョーンズが美しいチャイナドレスで登場したときは、公主嶺の光景をダブらせてみとれたものだ。映画の素敵な丘まで、コーセン山のように思えたものだった。

画像





 】上 懐かしい「タンホーロー売り、大好物だった。 左 <牛舎とサイロ>サイロの形がよくわかる。サイロは『農試20周年」の地図では「秤量所」となっている。1階が秤量所だったのだろうか。牛舎となっているのがわかる。(写真集 満州公主嶺)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
公主嶺小同窓会誌 第6章 エピソード −20− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる