満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 公主嶺小同窓会誌 第4章 エピソード −2−

<<   作成日時 : 2017/02/04 05:36   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 私が公主嶺小学校に在学した当時(大正5〜10年)始業の朝礼からラッパ吹奏により開始、当時のラッパ手は13回生の伴野満寿美氏で、名手として有名でした。全員集合から正午の知らせ、その他常に規律よく進行したものです。(記念誌137頁下段)

画像
   全満野球大会に出場
        熊谷満雄(14回生)

 
 スポーツも中々盛んで、特にスケートは奉天の満洲医大リンクで行われた大会には毎年出場していました。私も参加したことがあります。
 また野球はハルビン学院出身の熊野先生の指導で5年生ごろから盛んになりました。投手は柳瀬五郎君、捕手はだれか思い出せません。私は内野手で、斉藤繁樹勲も内野手として活躍していました。当時機関区が相当協力チームで、私たち小学生もこのチームについて回り、コーチをうけました。尋常科は軟式で、高等科が硬式だったと思います。いまでも当時の硬式用のグローブをもっています。
 6年生のときか高等科1年のとき、奉天で開かれた全満大会に出場しました。これまで見たこともない大観衆の前出全員あがってしまい、とくに外野が大きなトンネルをして大敗してしまいました。相手がどこだったかも思い出せません。
 
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
公主嶺小同窓会誌 第4章 エピソード −2− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる