空襲連、救済法求め院内集会 9日

 全国空襲被害者連絡協議会(空襲連)が9日、衆議院第二議員会館で院内集会を開いた。空襲で負傷しながら軍人軍属のような援護制度がない戦災障害者に対し、救済法制定を目指す動きが超党派の国会議員の間で加速している。被災者らは「私たちの被害に謝罪と保証を」と声を振り絞った。(東京新聞3月10日付)
画像
   戦争、大人が起こし子どもが傷つく      
       空襲被害に補償を

 
 6歳のとき鹿児島県の空襲で左脚を失った安野(あんの)輝子さん(77)は「トカゲのしっぽのように足もはえると思っていた」と目頭を押さえた。「戦争は大人が起こして子どもが傷つきます。子や孫を同じ目に遭わせたくない」と訴えた。1945年で腰に大けがをした内田道子さん(84)は「被害者の支援が実施されるよう力を貸してください」と呼びかけた。
 東京大空襲で家族4人を亡くした後、1945年8月の空襲で右腕を失った豊村美恵子さん(90)はインフルエンザで出席できず、「生涯苦難に耐えてきました。余命少なくなり、生存最期の願いです」というメッセージを寄せた。

画像
 救済法制定を目指す超党派の国会議員連盟の河村建夫会長(自民)は「空襲の被害は広範にわたるため、少し絞り込み、障害が残っている方を中心に今、考え方をまとめている。被害者は高齢で、急がなければならない」と述べた。
 救済法については、空襲連の弁護士らが、障害者への一時金と被害の実態調査を柱とする特措法案を提案。空襲議連は名古屋や欧州の補償制度を調査し、今回提出を目指して内容を検討している。(橋本誠)  

■「しんぶん「赤旗」3月10日付
画像
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント