満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「あのころ」 伊藤聖さん語る 満洲・公主嶺E

<<   作成日時 : 2017/03/18 06:04   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 前に農事試験場のことを書いたところ、32回生の愛川(旧姓宮崎)和子さんから「私の家は畜産の前でした。羊の群れが官舎の側の原に出てき来て草を食べてくれましたので、芝生のようでした。その上大きな楡の木陰は絶好の遊び場でした」という便りをいただいた

画像
  【あのころ】  畜  産   伊藤 聖
 
 そういわれると、農事試験場のことを書いて「畜産」にふれなかったのは、心残りのような気もするので、もういちど書いておこう。
      *         *
 当初の農事試験場には種芸科、農芸化学科、畜産科と3っの科があった。この畜産科の牧草地、つまり畜産試験場のことを、略して「畜産」といった。
 もともと公主嶺に農事試験場がおかれたのは、「そこに付属地が広く空いていたためであって、満洲の中心であるという遠大な考えから来たものではなかった」らしい(香村岱二氏の手記による)。事実、公主嶺の鉄道付属地は、鉱区のあった撫順、鞍山は別として、奉天、大連についで大きく8.78平方キロ、そのうち農事試験場の広さは3.06平方キロで大部分を畜産が占めていた。(数字はいずれも1936年当時のもの。「満洲開発40年始」より引用)

画像
 この広い畜産は、愛川さんも書いているように、陸軍官舎の北西部一帯に広がっていた。というよりも、官舎が畜産の一部に入り込んでいた、と云うほうが適切かもしれない。もっとも、官舎のすぐ近くには遊園地があったので、私たちがわざわざ畜産のなかに入るのは、ほかに特別な目的があるときだった。
 それは満洲補充読本でみた「フンコロガシ」をさがすためだった。動物たちの小さな落しものをみつけては、棒のさきでひっくり返したりしてみるのだけれど、なかなかめざす昆虫にはめぐりあえなかった。まして、丸くかためたフンを、1匹が逆立ちして押し、もう1匹がぶらさがるように取りついて運んでいくという、補充読本にあるような光景には、ついぞ一度もおめにかからなかった。

画像
 新校舎の2階には図書館があって、児童向きの全6巻の「ファーブル昆虫記」もそろっていた。そのなかには何種かのフンコロガシが観察してあった。何回も繰り返しそれを読むことで、この不思議な昆虫との出会いをあきらめるよりほかなかった。
     *         *
 国立科学博物館の黒沢良彦さんから聞いたところでは、満洲にいたのは、タマオシコガネ(マンシュウタマオシコガネ)Gymnopleurus mopsus Pallas らしく、牛や馬や羊のフンを好んで丸め、玉にして転がす習性をもつという。
 けれども、あのころ畜産で牛や馬を見かけた記憶はあまりない。公主嶺農試の品種改良の中心は豚と緬羊で、私たちが畜産といえば、ニーヤに追われながら、沈む夕陽のなかに遠ざかっていく羊の群れを思いうかべるのも、そのせいだろう。群れのあとについて、北飛行場への引き込線のあたりまで来てしまうと、そのあたりのニレの疎林はもう小暗かった。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「あのころ」 伊藤聖さん語る 満洲・公主嶺E 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる