満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 満洲公主嶺 敗戦から引き揚げ迄の記録 小松光治 E

<<   作成日時 : 2017/05/08 05:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 満洲公主嶺日本人会の設立及び日僑善後連絡所の記録(敗戦から引揚まで)−公主嶺日本人会会長小松光治(昭和21年8月22日 記)

画像
9、蘇軍側との交渉好転 
 久しく通譯難に悩みたる日本人会も茲に会長と旧知の好通訳を偶然に迎え、蘇軍側に接近し、二代目司令官イグナチエフ。チグナチエス大佐の人格を信頼して過去の疎音謝し、一夜日本人会の一室に盛讌を設け司令官を招きたるに快く出席され、18時より23時まで打ち解けて交歓、会談を為し軍事、政治、経済、思想、文学談に及びたる後、共に謡と共に踊る迄に至れり、此の席上司令官の言辞味はうべきものあり之を左に掲ぐ。
@日本人民は戦争に敗けたからとて卑屈に挫けるに及ばず。
A今回の敗戦は日本の軍閥と財閥で一般日本国民ではない。歴史は繰り返すものだ此の次は吾々(蘇)は敗けるかも知れぬと呵呵大笑す。
B日清日露両役に日本が勝ったと思うのは大いなる間違いである。当時の清国も露国も革命直前で自潰の一歩手前にあったので日本軍が強かった為ではない。
C今回の停戦は一に天皇の聡明に依るもので歓迎すべきだ。
D自分はモスコーの陸軍大学校出身で以前より日本研究には熱心であるが、日本の文字は縦に書くから旨くいかぬ。将来横書きのローマ字に改めては如何。
E中国側が無意味に日本人を奇めたるような事あれば遠慮なく申出でられよ、充分君達を援助する。食料、燃料に不自由はないか。
 (つづく)
タイトル写真】公主嶺駅を通過する「アジア号」。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
満洲公主嶺 敗戦から引き揚げ迄の記録 小松光治 E 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる