満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 満洲に 祖父をたずねて何百里 D

<<   作成日時 : 2017/05/06 05:30   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 自らのルーツを追い求め続けている長崎のTさんご夫妻。これまで私とのメールでの交流を続けてきましたが、29日、お住まいの地の名産物に添えて、丁重なお便りをいただきました。要望に応えることが出来ずに忸怩たるものがありますが、なお一層の真実を追い求めて行きたいと思うばかりです。

画像
永井至正様 
 初めまして、FTの孫のTTと申します。
 こちらからの一方的なお願いやお尋ねに丁寧に答えて頂いて、祖父母が暮らし父が生まれた公主嶺のことや日本に帰るまでの厳しい行程などについて、これまで以上に思いをめぐらすことができています。
 祖母が話をしたくなかったのか、父も祖母からあまり話しを聞いていない様子で、私も満洲から終戦のごたごたの中帰って来た程度のことしか聞いておりませんでした。
 今こうして私もそれなりの年齢となり(永井様からすれば未熟ですが)祖父母が父に託した思いを想像すると胸が熱くなります。また子どもも授かり祖父母の思いを繋ぐことができて安堵した気持ちもあります。永井様や祖父母も含め多くの先輩が大変な時代を過ごし、今の時代があるのだと感謝しています。
 これからも大変かと思いますが、発信を続けてほしいと勝手ながら願っており
そのためにも是非お体を大切にお過し下さい。
 お礼の手紙に添えまして少ないですが土地の名物である「うどん」などをお送りしますので、よろしかったら召し上がって下さい。それでは 失礼いたいます。 
                          平成29年4月29日 長崎県から TT・KT

画像
TT、KT様 
 ご要望に応えることが出来ないにもかかわらずご丁重なお手紙いただき、加えて名産物まで添えられ感謝いたしております。夜遅く帰宅した旅行好きの息子に見せたら、「あそこの名物は『うどん]と『教会』だよな!」と、しげしげと手にとって驚いていました。ありがとうございます。
 今朝 公主嶺会の土屋洸子さんから電話あり、「これも公主嶺が取り持つ強い絆」と声を弾ましていました。
 遠く離れた長崎と東京ですが、T家と私どもの思い、希いはひとつになりました。これを縁に交流が続けられたらどんなに良いことでしょう。よろしくお願いします。 なお、土屋さんが公主嶺の「写真集」と「DVD」をお送りすると申していました。永井至正

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
満洲に 祖父をたずねて何百里 D 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる