満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 満洲公主嶺 敗戦から引き揚げ迄の記録 小松光治 D

<<   作成日時 : 2017/05/06 07:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 満洲公主嶺日本人会の設立及び日僑善後連絡所の記録(敗戦から引揚迄)−公主嶺日本人会会長小松光治(昭和21年8月22日 記)
画像
7、八露政権(中共、延安)の進出
 

 9月25日蘇軍司令官より推挙せられたる県長、公安局長は蘇軍将校服を着用して突然公主嶺に進入して新しく政権を視るに至れり。下僚は多く旧満系官吏を採用したるも、枢要なる椅子には彼等腹心の者を置き、公安局には八路の憲兵ありて軍装は全く蘇兵と異ならず、翌日国民党は一掃され、翌々日小松会長は新県長姜風藻(元吉林省権同県に於ける共産匪首にして散々日本軍に討伐され、其の妻子兄弟を失いたる由)に挨拶に赴県したる所を其の儘豚箱の投ぜられ、同日夕刻より翌日に懸け日本人旧官吏、警察官等20数名一網打尽に収監せられたり。
 小松会長は在檻二昼夜にして蘇軍司令官に救われ、爾後一般入獄者も概ね一カ月余にして全部放免出獄するに至れり。


8、蘇軍及び暴民に因る物質的損害 
 昭和20年8月21日蘇軍入市以来、彼等自らの掠奪及び遊導せる中国暴民に依る日本人の金品喪失品、家屋の破壊(畳表を剥ぎ風呂、暖房の口金迄奪去、床板、屋根、鉄板迄に及び商品の掠奪も勿論)に損害数字は、落着きたる10月10日日本人会企画課の専門的及び被害者の届出に依り詳細調査したる処、総額は焼く9千万円也。
 因みに、此の詳細は別途英訳して東京政府に送付の手続きを為したり。此の内に8月20日以後10月10日迄の衛生状況調査も英訳送付せり。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
満洲公主嶺 敗戦から引き揚げ迄の記録 小松光治 D 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる