満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「鳩ポッポの歌」 1977年9月27日 永井和子

<<   作成日時 : 2017/09/27 17:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 夏の名残を感じさせる汗ばむような陽気の日でした。のどかな昼下がり。家族の穏やかな日常が突然絶たれました。空から落ちてきた1機の米軍機によって▼1977年9月27日。厚木基地を飛び立ったファントム偵察機がエンジン火災を起こし、横浜市内の住宅地に墜落しました。(しんぶん「赤旗」9月27日ー「潮流」)

画像
 「バイバイ」の言葉と、鳩ぽっぽの歌を口にしながら息を引き取った2人の幼子。母の林和枝さんは全身の皮膚の8割が焼かれました▼死の淵をさまよいながら4年4カ月、過酷な治療に耐え続けた和枝さん。一方で米兵のパイロットは墜落前に脱出して無傷。すぐに自衛隊のヘリコプターで運ばれ、日米地位協定によって事故の究明も閉ざされました▼妻の悦子さんが大やけどを負った椎葉寅生さんは、家族ぐるみで米軍を裁判に訴え、賠償を認めさせました。「安保条約をなくし、基地をなくせば、あんなことは起こさなかった」と▼日本中が悲しみと怒りにふるえた事件から40年。今も空を見上げれば米軍機がわが物顔で飛んでいます。墜落や落下物、とどろく爆音。被害に苦しむ住民を尻目に、米軍基地の強化が進められ、沖縄をはじめ全国で訓練が拡大しています▼不平等な協定も残されたまま。国民の安全が脅かされている現状こそ困難といわずして何と。「あんな飛行機さえ落ちてこなければ、今頃は幸福に暮らしていることでしょう」。子どもの死をつげられた和枝さんが日記につづった言葉は、米軍の横暴に手を貸す安倍政治にも突き刺さっています。

    鳩ポッポの歌      永井和子
 
 横浜というまちを知っていますか
 人口二七〇万、東京のとなりの大きなまち
 その横浜の緑区というところに
 林祐一郎くんと康弘くん
 三才と一才の男の子がくらしていた

 お父さんの守久さんの仕事は、農業、
 毎日 おとうさんを助けて子どもを育てる
 しあわせをそだてる

 一九七七年、
 九月二十七日のひるすぎだった

 いつもとおなじふつうの日だった
 いつものようにおとうさんは畑だったし
 いつものようにおかあさんは家のしごと
 いつものように祐一郎くんと康弘くんは
 おかあさんのそばで
 ときどきけんかしながら なかよくあそんでいた
 空は すばらしい秋の色だった
 まぶしいくらい青い 秋の色だった

 ふいに
 ゴオーッという音が空から落ちてきた
 次の瞬間
 祐一郎くんたちの家は
 まっかな火柱をあげて燃え上がっていた
 アメリカのRF4ファントムという偵察機が
 灯を噴いて落ちてきたのだ
 祐一郎君たちの家につっこんだのだ

 祐一郎ー!
 やすひろー!
 萌える火のなかで和枝さんは叫んだ
 自分も大やけどしながら狂ったように
 子どもたちの名をよんだ

 あついよー!
 いたいよー!
 まっかな火の海のなかで
 子どもたちは訴えていた
 わけもわからず ただくるしくて
 おかあさnをよびつづけていた

 やっと助け出されて 病院へはこばれて 
 どこもかもほうたいだらけ
 目も見えないからだで
 和枝さんは子どもたちの名を呼びつづけた
 だけど子どもたちは
 次の日の朝 死んでしまった
 大好きな鳩ポッポの歌をうたいながら
 死んでしまった

 和枝さんは子どもたちが死んだことは知らずにいた
 助かりそうにないくらい
 ひどいやけどをした和枝さん
 医者も 守久さんも おとうさんも
 子どもたちが死んだとはとても話せなかった
 それを知ったら生きる力をなくしてしまうだろう

 「子どもたちは元気だよ
 もうすぐあえるよ」
 笑顔でいってきかせながら
 守久さんはどんなにつらかっただろう
 「おまえさえ元気になれば
 また子どもたちを抱いてやれるよ」
 はげましながら和枝さんのおとうさんも
 どんなにつらかっただろう

 つい落した偵察機のパイロットは
 パラシュートで脱け出して
 けがひとつしなかった
 おまけにアメリカ軍人だというので
 日本の裁判にはかけられず
 アメリカ本国へかえってしまった

 『ブルー14』
 戦争のないはずの日本の空を
 アメリカの偵察機が自由にとんでいる
 事故をおこしても
 子どもを殺しても
 へいきできょうも 空をとんでいる
 『ブルー14』

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「鳩ポッポの歌」 1977年9月27日 永井和子 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる