満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 詩集 ロ号33番 永井和子 −5−

<<   作成日時 : 2017/09/30 06:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 詩人永井和子(1934〜2015)年。彼女の処女詩集。身辺に起きた細々とした出来事を詩にうたい上げてつづった。全55篇からなる長編だが、順次お手元に届けたい。

画像
■ロ号33番 
 大震災直後に建てられたという
 鉄筋コンクリート四階建のアパート
 当時流行したのだろう
 赤レンガ造りを模し
 その好みらしいゴテゴテした飾りを取りつけたアパート
 一階は貸事務所
 二階以上各階四所帯 一むね約十二戸
 イ号からホ号まで六十世帯以上を住まわせ
 同じ構えに整えられ
 同じ年月に古び損じて
 手すりの飾りレンガは落ち
 通路に面したガラスはこわれ
 戸は大半さびついて動かず
 少しの雨水が吹きたまれば
 四階から一階まで水漏りの被害をこうむる
 このわびしいが しかし
 とうぶんこわれそうにもないアパート
 ここ四階のテラスに立って
 わたしはわずかに苦笑する
 春から夏へ 秋から冬へ
 幾代わりもの生活をかかえて
 年老いてしまったこのビルディング
 そしてここに仮睡の夢をみるわたしは
 何代目かの
 ロ号33番室の主
 62・8・25

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
詩集 ロ号33番 永井和子 −5− 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる