「抗議文」 日中友好を著しく損なう行為

 日中友好協会千代田支部のニュースを頂いた。目を通すうちにハッとさせられる「記事」が目に飛びこんできた。それは下欄に掲載されている「抗議文」と「声明文」だ。とかく中国当局に対し遠慮がちな協会が「尖閣」、「劉暁波」事件の問題点を取り上げズバリ切り込んでいる。今回は「尖閣問題」についての抗議文。

画像
 今年に入り中国公船の我が国領海への侵入が相次ぎ、最近では海警のみならず中国海軍のの軍艦も津軽海峡から尖閣諸島まで繰り返し侵入しており、尖閣諸島での中国公船の侵入回数は8月中旬までに21回にもなっている。国際法上明確な我が国領海に対する中国海軍や海警の度重なる国際法を無視した侵入に対して厳重に抗議するとともに、2度と侵入を行わないように中国政府に強く求める。
 中国海軍と海警による度重なる侵入は、日中間で合意されている「4つの基本文書」で明文化されている『すべての紛争を平和的手段により解決し、武力又は武力による威嚇に訴えない』という取り決めに反し、日中友好を著しく損なう行為であるとともに、憲法改憲を目論む我が国の一部勢力を利する行為でもある。
 自らの主張を押し通すため、武力又は武力による威嚇を行使するという行為は、国際世論に背き国際的な孤立を招くことは歴史が証明しているところである。中国当局の猛反省を求める。(日中友好協会千代田支部常任理事会・2017年8月22日)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント