満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS いよいよ 2017年度「公主嶺会」間近

<<   作成日時 : 2017/10/19 06:04   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

 来たる10月27日(金)午後6時、上野ターミナルホテル・地下「水車」(日本料理)で旧満洲の公主嶺という町の「望郷の会」が開かれる。前身、「公主嶺小学校」の同窓会は同窓生の高齢化で2007年に活動を停止した。
画像
 しかし、1950年ころから、公主嶺市に関連のある有志が「公主嶺会」を続けていたので小学校同窓生が合流した。ここのところ毎年続けられていた。それが今年は少し様相が違ってきた。ここ数年の参加者は30名前後、それも年を経るにつれて減少気味だったものが今年は40人を超えるという。
 北は福島から南は長崎の人たち。その特徴は初めての人、20〜30代の若者3人が参加予定とか。戦争中、親や祖父が公主嶺に住み、戦後の混乱の中で行方知れず、どうしてもそのルーツを探りたいという長崎の親子@。また東京新聞に掲載されたブログ「満洲っ子 平和をうたう」Aを見て「私もあの時同じく北朝鮮にいました」という港区在住、当時幼児だった男性B。加えて一橋大の「満洲の記憶」研究会に属しているお二人Cなどなど。新鮮さあふれ、懐かしい「会」になりそうだ。
 私の「次の世代に満洲を、戦争の惨禍を語り継がなければ・・・」というモットーが実践化される日が近づくと思えばこの上もない喜びになりそうだ。(永井至正)

写真】旧公主嶺小学校

画像


●「公主嶺会」:1950(昭和25)ごろ、小松、浅野氏他有志が呼び掛けて作った「会」で戸井義衛さんがあいさつで毎回ふれています。

@坪井泰助、哲哉、久美さんのこと
http://38300902.at.webry.info/201702/article_17.html
http://38300902.at.webry.info/201709/article_6.html
A ブログ「満洲っ子 平和をうたう」
http://38300902.at.webry.info/201708/article_35.html
http://38300902.at.webry.info/201708/article_34.html
B中島守敏さんのこと
http://38300902.at.webry.info/201709/article_16.html
C大石 茜、湯川真樹江さんのこと
*大石さん:つくば大学大学院博士後期課程在学、研究テーマ:「満洲の幼児教育」 *湯川さん:学習院大学国際研究教育機構客員研究員、研究テーマ:「満州国の農業遺産接収課程と水稲品種の変遷」。お二人とも『記念誌』を論文参考文献の一つとされ、研究をすすめられています。
http://38300902.at.webry.info/201411/article_6.html

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
いよいよ 2017年度「公主嶺会」間近 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる