満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オンブズマンが行く」 2018年3月号

<<   作成日時 : 2018/03/10 06:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「江東区民オンブズマンの会」の会報3月号(NO.164)です。その一面トップは「都民の財産投げ売り」と題して矢野政昭副代表幹事が問題点を指摘します。コラム「声」は(S)さんが書きました。

画像
      1等地を坪33万円で投げ売り
      都有地は都民の貴重な財産
 

 「都有地」は私たち都民の財産だ。これを東京都が議会にもかけず周辺地価の10分の1で「投売り」するというのだからビックリする。場所は東京の1等地、中央区晴海5丁目。いまここに大型マンションが建設中22棟で総戸数5950戸。2020年のオリンピック・パラリンピックの時、一部を「選手村」として借り上げて使用ー終了後は分譲、賃貸として売りに出される計画だ。土地は1u10万円で三井不動産を始めとした11社に売るとしているが周辺の地価を見ると晴海5の20がu=95万円、晴海3の3が140万円。元都有地の晴海2丁目も103万円が公示価格だ。晴海選手村は9割引での売却となる。


画像
         都民の損害1200億円 

 この結果1300億円で売るべき土地が約129億円で売られ、都民はほぼ1200億円もの損害を受けることになる。
 東京23区内に1u10万円で買える土地はどこにもない。ちなみに江東区の地価は(H29・1・1現在)住宅地1番安いところは東砂8−8−13でu32万2千円、1番高いところは98万8千円。安いところでも晴海の3.2倍。しかも、小池知事は、なぜ9割引なのか明らかにせず、私たちが情報公開請求すると「黒塗り」の書類しか出さないのだ。(矢野政昭・副代表幹事


】街を歩いていてちょっと気になることがある。ひとつは交通標識だ。「止まれ」「スピード落とせ」などの命令調が気になる。長すぎるから「止まってください」とまでは言わないが「止まる」ではダメですか▼お上(役所)の用語だろうか。首相が戦争する国をめざし改憲を企んでいるというが、頭に「オイ=コラ」と付けたらしい戦時中と重なり「怖わ!」と思う▼いま一つは区役所や大きな会社などの出入り口。歩道を歩く人に「車がでますご注意ください」だ。天下の公道だー「注意しろ」はないだろう。車に向かって「歩行者がいます注意して」とするのが道理と思う▼ありました、ありましたー先日新木場のベニヤ工場の入り口「歩行者がおります・・・」と呼びかけていた。小さなことでも声を上げて行けば住みやすい街になると思う。(S)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「オンブズマンが行く」 2018年3月号 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる