満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日東京大空襲73年 早乙女勝元さんが新著

<<   作成日時 : 2018/03/10 09:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 東京大空襲をライフワークとしてきた作家の早乙女勝元さん。これまで数多くの関連著書を出版していますが、このほど「赤ちゃんと母の火の夜」という子ども向けの新著を発表。今各方面から好評をえています。3月10日付「赤旗」がコラム「潮流」で紹介しています。

画像
【潮流】警戒警報のサイレンがうなるなか、陣痛がはじまりました。敵機が先か、お産が先か、息詰まるとき。やがて大きな産声とともに、元気な赤ちゃんがこの世に誕生しました▼1945年3月9日夜から10日未明のこと。当時の本所区(現墨田区)竪川に住んでいた武者みよさんは病院で女児を出産。安心もつかの間、強風にあおられた無数の火柱が渦を巻きながら押し寄せてきます▼赤く染まった夜空には米爆撃機B29の群れ。生まれたばかりの赤ちゃんをかかえた武者さんは、担架に乗せられて火の海のなかに。避難先を探し回った病院職員の尽力で2人は生きのびましたが、自宅にいた両親と夫、そして12人の子ども全員を亡くしました▼「子どもたちの名前を一人ずつ呼びながら、どんなに泣いたかわかりません。もう涙は出尽くしてしまいました」。みよさんから体験を聞いた作家の早乙女勝元さんは最近、『赤ちゃんと母の火の夜』と題する児童書にその話をまとめました▼一夜にして10万人もの命を奪った東京大空襲。山のような黒焦げの死体は戦争にひた走った軍国主義の犠牲になった庶民の痛ましい姿でした。生き残った体験者はあの悲惨をくり返すまいと、今も高齢をおしてかたり続けています▼活動の拠点となってきた戦災資料センターも今秋に展示を新装。次の世代への継承に務めています。「子ども向けの本もその一助にと。バトンを渡し、なんとしても平和を守り抜かなければ」。体験者でもある早乙女館長の思いです。(2018・3・10)
■昨日(3月9日)の東京新聞夕刊
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日東京大空襲73年 早乙女勝元さんが新著 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる