詩集 ロ号33番 永井和子 -9-

 詩人 永井和子(1934~2015)年、彼女の処女詩集。身辺に起きた細々とした出来事を詩にうたいあげてつづった。全55編からなる長編だが、順次手元に届けたい。

画像

■た こ

 秋の日がいっぱいの屋上で
 男の子たちが凧をあげている
 いちめん
 巻毛のよな雲に包まれた空に
 真赤な凧がのぼっていく
 ゆらゆら頭をふりながら
 胸を張るようにしてのぼっていく
 おうい凧よ
 どんなにかいい気持ちだろう
 わたしもおまえのように
 空へのぼっていきたいよ
        63・9・18

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント