議会合意ないと対応困難 都の「平和祈念館」建設

 東京空襲の資料を展示して後世に伝える「都平和祈念館(仮称)」の建設を求め、都に公開質問状を提出していた市民団体は17日(4月)、都から「議会での一定の審議と合意がなされなければ対応は難しい」と回答があったと明らかにした。

画像
    質問状に東京都が回答 

 昨年9月に質問状を提出した「建設をすすめる会」によると、今年3月28日付で回答があった。大きな空襲があった3月10日に毎年実施している「都平和の日記念行事」の内容などを充実するよう求めた質問には「行事の企画内容は定着し、参加者からも賛意を得ている」と回答。世話人の柴田桂馬さん(88)=北区=は「回答は現状を踏襲する内容にとどまり残念だ」と話した。
 祈念館の建設は、都が1990年代後半に検討したが、展示内容や歴史認識を巡って都議会での合意が得られず、けいかくは、計画は凍結されたままになっている。(東京新聞ー榊原智康)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント