満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 優しい心遣い 「赤旗」に感心 鈴木康吉

<<   作成日時 : 2018/05/26 09:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日ごろは政治や社会の歪みを「バッサリ」切り捨てる文言で躍如の鈴木康吉さん。今日の投稿は表記のようにソフトタッチ。しんぶん「赤旗」5月26日付けの「読者の広場」で優しさがいっぱい。
画像
 
 長野県に旅したという近所の知人が、ワラビやコシアブラなど山菜をくれた。うれしいことに「これはおひたし」「これはてんぷら」と解説までしてくれました。
 この時期、雪国の野山はいっせいに緑が芽吹く。田舎者の当方、故郷を思い感傷にひたる時期でもある。
 この頃、どの新聞も「山菜」の記事が載る。その種類や食べ方まで。先日の「赤旗」(「農業の四季」22日付)にも載ったが一味他紙と違うことに気づいた。
 「根こそぎ採らず少し残す」「よその集落では採らない」など、そのルールまで書いてあった。
 あぜや道の近くは、足の悪い人などのために「採らないこと」というのである。優しい心遣いに感心したものだ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
優しい心遣い 「赤旗」に感心 鈴木康吉 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる