満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「明治150年」と関東大震災

<<   作成日時 : 2018/05/29 05:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「関東大震災朝鮮人を『明治150年』からかんがえる」と題して6月16日、神田の明治大学で山田 朗教授が話します。主催は「9・1関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典実行委員会・歴史教育者協議会
画像
◆日  時:2018年6月16日(土) PM13:30
◆講  演:山田 朗さん 明治大学文学部教授
◆参加費:800円
<文化行事>コーラス


 今年2018年が明治新政府がつくられた1868年から150年目ということで、政府は「明治の精神に学び」、日本の強みを再認識する」というキャンペーン「明治15年」を展開しています。政府は「明治以降の歩みを次世代に遺す」と「明治の精神に学び、更に飛躍する国へ」という二つの施策によって「明治150年」の歴史像を描こうとしています。
 しかし、そこには日本の朝鮮の植民地支配・アジア諸国への侵略戦争とそれへの反省を取り上げることもなく、新しい憲法の成立による戦後日本の民主主義と平和之社会建設の歴史が欠落しています。
 この学習会で、「明治150年」の歴史の中で起こった負の歴史、「1923年9月の関東大震災時における朝鮮人・中国人・日本の社会運動家の虐殺」問題を取り上げ、その背景、当時の状況を学び、今後の課題を考える機会にしたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「明治150年」と関東大震災 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる