満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS はやぶさ2 小惑星探査を展望する

<<   作成日時 : 2018/06/22 06:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 日本の小惑星探査機「はやぶさ」の後継機「はやぶさ2」がまもなく目的の小惑星「りゅうぐう」に到達する。かつて「はやぶさ」は、小惑星「イトカワ」の微粒子採取に成功し、2010年6月に奇跡的な帰還を果した。
画像
 その感動の物語は今も語り継がれるが、持ち帰った微粒子がどんな成果をもたらしたかについては、あまり知られていない。「はやぶさ」の成功で得られた成果を「復習」し、「はやぶさ2」の探査を展望する。(片山夏子、中沢佳子)

デスクメモ 
 大学の研究力が低下しつつある今、科学技術立国としての二本の存在感は薄まるばかりだ。その中、光り輝く小惑星探査の技術には注目したい。「はやぶさ」の時は、困難なミッションの成否に一喜一憂したが「はやぶさ2」は、探査の目的と意義をよく理解して吉報を待ちたい。(典)2018・6・21

】「はやぶさ2」は21日、「りゅうぐう」(大きさ=推定900メートル)との距離が70キロメートルを切り、秒速約40センチの相対速度で飛行中。そして「りゅうぐう」はコマ形という。
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はやぶさ2 小惑星探査を展望する 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる