「沈丁香の花咲けば」 思い出す 永井和子

 7月8日は詩人・永井和子(1934~2015)の命日。慶応大学卒業後、外つ国に虐げられ、祖国日本には見放されてきた沖縄に心を寄せて60年。はたまた東京大空襲の惨禍を告発し、詩につづってきた詩人。主著に「ロ号33番」「沖縄」「憲法を詩(うた)う」「歌ってよわたしの詩たち」「石碑の誓」など多数。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント