米軍機墜落59年 宮森小で慰霊祭

 米軍政権下の沖縄県石川市(現うるま市)の宮森小に1959年、米軍戦闘機が墜落し、児童ら17人が犠牲になった事故から59年となった30日、動向で犠牲者を追悼する慰霊祭が開かれた。遺族ら参列者役150人は、事故が発生した午前10時40分ごろに黙祷した。(東京新聞夕刊 6月30日付

画像
 県によると、72年5月の本土復帰から今月19日までに、沖縄と周辺では米軍機の墜落が48件、不時着が558件確認されている。
 宮森小には嘉手納基地のジエット戦闘機が墜落、炎上。児童11人と周辺住民6人が死亡し、200人以上が重軽傷を負った。学校の中庭にある慰霊碑には、やけどの後遺症で成人後に亡くなった元児童を含む18人の犠牲者名が刻まれている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント