満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 原爆の子の像に千羽鶴

<<   作成日時 : 2018/07/27 05:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 広島で被爆し、12歳で亡くなるまで鶴を折り続けた佐々木禎子(さだこ)さんをしのび、広島市の平和記念公園にある「原爆の子の像」の前で25日、碑前祭が開かれた。禎子さんが在籍した市立幟町(のぼりちょう)中が主催し、今年で30回目。
画像
 市内の小中学校から集まった児童や生徒ら約300人は黙とうした後、千羽鶴を像にささげた。
 代表の幟町中3年の木村美優さん(14)は、昨年ノーベル平和賞を受賞した核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)や、今年6月に朝鮮半島の非核化を確認した米朝首脳会談に触れ「世界は平和への一歩を歩み始めている。広島からも核なき世界の尊さを発信し続けよう」と訴えた。
 禎子さんは2歳の時に爆心地から1・6`の自宅で被爆。小学6年で白血病を発症した後も、回復を信じて闘病中に千羽鶴を折り続けた。(東京新聞ー7月25日付夕刊)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原爆の子の像に千羽鶴 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる