「八月になると思いだす」 満洲っ子の記憶 ㊤

 八月になると必ず思いだされるのは1945(昭和20)年の夏のエレジー。、2004年6月10日、浅草公会堂で「関東甲信越高齢者集会」でのこと。そこでうたう歌手の懐かしのメロディーの調べに呼び戻されて書きとめた「満洲っ子の記憶」(「赤い夕日と『別れ』の歌」)である。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント