朝鮮半島出身者 遺骨返還 動きだすか

 植民地時代に日本へ渡った朝鮮半島出身者の遺骨の返還を、南北と日本の民間レベルで進めると韓国の民間団体が明らかにした。(東京新聞ーこちら特報部)
画像
 遺骨の返還を巡っては日韓で政府間協議も開かれてきたが、両国関係の悪化もあり、とくに鉱山や建設現場などの民間徴用者の返還は進んでいない。国交がない北朝鮮にいたっては全く手つかずで、政治に翻弄されてきた形だ。南北、米朝関係の改善を受けて人道問題として動き出すのか、注目が集まっている。(片山夏子、榊原崇仁)

デスクメモ 
 「遺骨も何もない。せめて、この世に存在した証を残したかった」。東京大空襲で家族7人を失い、墓に地蔵像を建てた男性に聞いた言葉だ。遺体が見つからず、身元不明の遺骨が眠る東京都慰霊堂で手を合わせる人も多い。肉親の死を静かに悼むことすら、戦争は許さない。(本) 2018・8・14




画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント