満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ふくわらい」 2018年8月号 

<<   作成日時 : 2018/08/27 05:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「ふくわらいの会」の会報8月号の裏面。鈴木理事長の「靖国神社・遊就館」の見聞記が冴えてます。「靖国派」の目論みをバッサリ。「みんなの広場」は野元明美さん。下欄の「健康一口メモ」(76回)が続きます。
▼展示された突撃する兵士
画像
    靖国神社 遊就館に行った
 
 15日の「終戦記念日」を前に8月1日、「ふくわらい」の仲間3人で靖国神社・遊就館に行ってきました。
 1945年8月15日、天皇の国民向けラジオ放送で敗戦が確定した日とされています。時の天皇制権力は他国を侵略し、幾百万の人々を殺し、多くの同胞を死に追いやったのでした。あの戦争は一体なんだったのか?改めて考えてみたかったのです。

  子どもたちにどんな説明をしたのだろう 
 
 中学・高校生の集団もいました。先生がどんな説明をしたのだろうか。200万とも言われる若者を死なせて英霊」と賛え、一片の反省もない全館の展示システムに改めて憤りを覚えました。旧日本軍の戦車や大砲もあった。「勇敢」に敵陣に突っ込む兵士の像や「零式」戦闘機も。
画像  
  兵士の像に父の姿を見た
 
 私の父は応召し満洲に・・・多くの中国人を殺したという。終戦の年にソ連に抑留され散々な目にあったと聞きました。
 いま自民党政府は「戦争法」を強行し、軍備増強に余念がありません。改めて反戦・平和の誓いを胸に刻んだ日でした。

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ふくわらい」 2018年8月号  満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる