満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 市民生活、観光を直撃 全域停電 北海道ルポ

<<   作成日時 : 2018/09/09 16:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 北海道で最大震度7を観測した「全域停電」は、電気なしには成り立たない現代の市民生活をあらためて浮き彫りにした。「ブラッククアウト」に見舞われた観光地は人影もまばらで、都市では携帯電話の充電を求める人たちが列をつくる。
画像
 そんな中、自前の発電手段を確保して窮状をしのぎ、人々の営みを支える動きもある。停電の街で電気を求めて生きる人たちを訪ねた。(中山岳、片山夏子)

 (前略)防災システム研究所の山村武彦所長は「日本は停電がない国と思われがちで、たった7年前の3・11で計画停電があったことも皆忘れている。逼迫した需給のタイトロープ上で生活しているようなものだ。南海トラフ地震では相当広い範囲で停電が続く可能性がある。ブラックアウトはいつでも起こりうる」と警鐘を鳴らしている。

デスクトップ 携帯電話の充電に並ぶ人たちの列を見ると、災害時に流れる情報の大切さを痛感する。東日本大震災や熊本地震でさまざまなデマが飛び交ったように、北海道でも「断水が始まる」といった誤情報があった。打ち消す情報も出ているのがやや救いだが、十分に注意していきたい(本) 2018・9・8
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
市民生活、観光を直撃 全域停電 北海道ルポ 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる