満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 「オンブズマンが行く」 2018年9月号

<<   作成日時 : 2018/09/06 06:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「江東区民オンブズマンの会」の会報・9月号を頂いた。一面トップは、江東区議会の傍聴席にタブレットの端末が置かれたこと。そのことがもたらす問題点が指摘されています。下欄のコラム「声」がピリッとして痛快。
画像
    PCタブレットを導入したが?
 
   江東区議会では平成28年度から「紙」の使用量を減らす目的でパソコンも「タブレット」を導入した。
 議会を傍聴すると机の上にタブレット端末が置かれている。紙資源のムダを削減するのが狙いだが、600万円ほどの公費が投入されていた。1台6万5千円程で、92台。有効に活用されればいいが。


    「情報開示」は大丈夫?
 
 区民から見ると心配なことがある。耐用年数が4年ほど、そのたびに新しい機器を買い込むことになる。また、区民への情報開示は大丈夫だろうか?現行の資料保存は規定に沿って区民は目にすることができるが、議員や役人のタブレットを「ちょっと貸して!」というわけにはいかないだろう。
画像
      一部 違法な随意契約 

 いま一つ問題は、このタブレットの契約のこと。平成28年4月21日の契約書になぜか台数の記載がなく日本アイ・ビー・エム(株)と290万円余で随意契約している。地方自治法では、こうした物件は競争入札が原則。詩っててやったら悪質だろう。

【声】 
 比喩で「歯に衣着せぬ」鋭い論陣、などとよく使う。あたりを気にせず「ズバリ」ものいう。文芸評論家の斉藤美奈子もそのひとりで痛快だ▼先日の東京新聞の本音のコラムに「熱中症で急搬送された人が7月だけで5万4千人」「死者133人=こんな季節にオリンピック・パラリンピックなどどうかしている」と延期を求めている▼アメリカの放送局の都合ーと暴露し、逆らえない日本と大手メデイアをバッサリ。選手は勿論、ボランティアも観客も「命の危機にさらされる」と厳しく批判▼同じ紙面、江東区の上田さんが書いた。先日の戦没者追悼式で安倍首相「今日の平和と繁栄が戦没者の尊い犠牲とー「野球の犠牲フライのように言うな」と叱った痛快。(S)
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「オンブズマンが行く」 2018年9月号 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる