満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 長崎・石木ダム建設反対 13世帯闘い半世紀

<<   作成日時 : 2018/10/15 08:36   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 長崎県と佐世保市が同県棚町で建設を計画する石木ダム。現在、ダムで水没する県道の付け替え工事が進められ、その次にはダム本体の準備工事が予定されている。(東京新聞ーこちら特報部)
画像
 計画ができてから既に半世紀。予定地で暮らす13世帯53人の住民は建設に反対し続け、今も座り込みを続けている。家屋や土地の強制収用の可能性も取り沙汰され始める中、住み慣れた土地を守る闘いを諦めない油民たちを訪ねた。(片山夏子
       
       豊かな里山奪われる
 
 (前略)全国的な脱ダムの流れの中で、県はダム本体工事をにらみ、家屋撤去などの行政代執行を可能にする手続きを進めている。川原で埋めれ育った岩本宏之さん(72)は力を込めて言った。
 「ホタルが舞い、四季折々の花が咲き乱れ、夜は川のせせらぎと時計のぽんぽんという音だここは安住の地。土地や田んぼを収用し、家を壊されても、人間は収用できん。柱に体をくくりつけても絶対どかんけん」


デスクメモ 
 夏の渇水期、ダムに沈んだ村が姿を現すことがある。そこで暮らしていた人たちはどこへ行ったのか。私たちは、一体どれだけの数の村を沈めてしまったのか。反省なき国で、石木ダム予定地の住民はもう半世紀も闘っている。「止まらない公共工事」で済まされる話しではない。(本) 2018・10・14

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
長崎・石木ダム建設反対 13世帯闘い半世紀 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる