満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 消防庁が色覚検査促す通知 東京新聞

<<   作成日時 : 2018/10/31 06:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 色覚による進学・職業差別をなくすため、就職時の色覚検査は2001年に廃されたにもかかわらず、総務省消防庁が9月、全国の消防主官部署に採用試験の前後で色覚検査の実施を促す通知を出していたことが分かった。
画像
 これに対して、当事者団体である「日本色覚差別撤廃の会(荒伸直会長)」が反撥し、「通知は、色覚による差別の復活につながりかねない」と見直しを求めている。(「こちら特報部」ー中沢佳子、片山夏子)
 
 荒会長は、学校現場に続き、就職時でも検査が復活しつつある現状に強い懸念を示す。「監査によって、当事者が本来、持っていた能力を否定される形で社会的に不当に排除されてきた。検査の復活により、再び差別や人権侵害が引き起こされるのではないか」
デスクメモ 
 小学生の時の色覚検査で「異常」とされ、就職で不利な扱いを受けた人は多い。厚労省が廃止したのは当然で、復活を「推奨」する消防庁の通知は根拠が薄く見える。だが今、小学生の検査も復活しつつある。「異常」とされた子が、消防士の夢を諦めるような社会が望ましいのか。(典) 2018・10・30

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
消防庁が色覚検査促す通知 東京新聞 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる