満州っ子 平和をうたう

アクセスカウンタ

zoom RSS 市民が犠牲になる戦争 早乙女勝元

<<   作成日時 : 2018/12/20 10:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 東京大空襲・戦災資料センター(江東区)館長で作家の早乙女勝元さん(86)=足立区=が今月、「ナチス占領下の悲劇 プラハの子ども像」を刊行した。第2次世界大戦の歴史的な現場を取材したリポートで、関係者の証言から市民が犠牲となる戦争の真実に迫っている。(東京新聞ー大沢令)

 早乙女さんは「海外の歴史的な現場に立ち体験者に話しを聞くことで、歴史や戦争の教訓がいくつも得られた。いずれ体験者がいなくなった時の追体験の資料として今出しておかなければと思った。(新日本出版社 1800円 税別) 

画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
市民が犠牲になる戦争 早乙女勝元 満州っ子 平和をうたう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる