捕鯨再開旗印に 強気外交PRか

 政府はクジラの資源管理を話し合う国際捕鯨委員会(IWC)を脱退し、30年ぶりに商業捕鯨を再開しようとしている。日本の食文化を守るべきだと訴えてきたと訴えてきた自民党議員らの要求が通った形だが、再来年には東京五輪が控える。国際社会の批判を浴びるリスクを冒してまで、なぜ今脱退へと舵を切るのか。(東京新聞・「ニュースの追跡」ー片山夏子)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント