「ふくわらい」 会報 2019年1月号㊦

 「NPO法人 高齢者が住みよいまちづくりの会」の会報1月号(NO.119)の裏面。確定申告の時期にあたっての注意事項がトップに載せられ、下欄に恒例の「健康一口メモ」(81回目)が続きます。
画像
 ■健康一口メモ 菊地頌子
   人生百歳の時代の心の健康と生甲斐

 
 20数年前に健康学習会で高齢者の方に日頃字を書くことがあるかの質問をしたところ、「全く字は書かない」「年賀状しか書かない」という人がいました。新聞を読んでいるかの質問には、「テレビを見ればニュースはわかる、新聞代のの節約で新聞は取らない」という人もいて驚いたことがありました。
 認知症の予防に体操教室等が盛んに行われていますが、日常様々な生活で文字を書いたり、新聞等を読んで社会の動きを知り考えるという、頭脳を使っての読み書きの習慣を持つことも、心の健康にはとても大切です。

画像
 高齢期は社会での活動が不活発になり引きこもったり、一人よがりになって一付き合いが難しくなる人がいますが、「人生百歳の時代」と言われる今、孤立して寂しい老後を生きるか、仲間を沢山作ったり地域の活動に参加して生がいを持つかを考えることは非常に重要になります。
 最近新聞の声の欄を見ると80才以上の人たちが数多く投稿しています。集会やデモに参加できなくても、投稿で平和や憲法を守る大切さを沢山の人に呼びかけられる。これも社会的な役割を持つ活動だと思いました。スマートホンの使い方教室に行くと殆どが高齢者で、情報化社会に遅れないよう皆必死のようです。スマホでいろいろ調べることが面白いという人もいますが、スマホは高齢者の脳の老化防止になるのはよくわかりません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント