ふくしま作業員日誌 35歳男性

 「この前までいた福島の現場で、地元の20代の若い衆と仕事をした。彼らは原発事故の時に中高校生で、当時の様子はテレビで見たと話していた」・・・。聞き手が片山夏子記者の「ふくしま作業員日誌」が今朝の東京新聞に久し振りに登場した。8年前の事故当時のことがよみがえる
画像
     世代交代を実感
 
 (前略)事故当初のことを話す人はみんな顔が真剣になる」と地元の若い衆に言われた。自分は被ばく線量でイチエフ(福島第一原発の愛称9に入れないけど、福島のために働きたいという気持ちは変わらない。そして、イチエフの作業を彼らが引き継いでいく。こうやって少しづつ世代交代していくんだと思った。


画像

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント