学生運動の指針だった 5・4運動

 中国の5・4運動って何? ほとんどの人は答えられないでしょう。私たちが学生(1952年の初期)のころ、中国の学生たちが立ち挙がった「5・4運動」は、日本の学生運動の指針だった。講師を呼び学習会、大小のイべントを開くなどしたものた。今年は丁度百年になるという。新聞「赤旗」が解説記事を載せた。
画像
 東京新聞も5月1日付けで関連記事を載せ、次のように書いている。
 五・四運動は中華民国統治下の1919年5月4日、学生数千人が天安門広場からデモを始め、全国に広がった。抗日、反帝国主義などを掲げ、愛国主義が大衆化した転機とされる。
 (前略)4月30日、人民大会堂で演説に立った習近平国家主席は「中華民族が民族独立と発展を求めた歴史において記念碑的な意義を持つ」


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント