「9条守る私の原点」 赤旗ー「読者の広場」 ②

 しんぶん「赤旗」の「読者の広場」が企画したテーマ「9条を守る私の原点」。今各地から多くの投稿が寄せられています。その一つ一つの全文を順次掲載させていただきます。今回は第2回目(5月3日)です。
画像
    特攻隊員の兄 生きていたら       
        千葉市 田中 優(87歳) 

 1945(昭和20)年3月27日、私の三兄は、海軍特別攻撃隊彗星隊103飛行隊の1番機の操縦をして、沖縄の海に自爆しました。満20歳でした。
 長兄は釜山郵便局に勤務しながら2度召集され、「北支戦線」に従軍しながらも、無事除隊になりました。
 次兄は志願した海軍航空隊の整備兵として軍務中に、戦友のミスで負傷して除隊になり、それが原因で戦後、膿胸(のうきょう)になり、町議会議員2期目で将来を嘱望されながら死去しました。
 三兄は家族に内緒で特攻隊員になり、戦死する10日前で生家の上をせん回し、操縦席から白い絹布を降っていました。帰宅して、押さなかった末弟を腹に乗せて飛行隊歌を歌っていました。
 戦死公報が届いたのは敗戦後の9月末で、それまで毎朝陰膳を備えていた母は、「コゲナ負ケ戦ニナイゴテ死んだか」と狂い泣きしました。
 剣道が強くて、裸馬乗りが特意で、親孝行者だった兄が生きていたらー悔しいです。平和憲法9条を死守します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント