「戦争体験 映像でつなぐ」 戦争体験者の証言

 東京新聞夕刊(5月16日付)がトップに「戦争体験 映像でつなぐ」という大見出しで、東京の市民団体が工夫を凝らして開いている集会の経験を報じている。文字通り映像を駆使して体験を語り継ごうという試みだ。
画像
 高齢化し数も少なくなった戦争体験者の貴重な証言をどう伝えるか・・・。継承に取り組む市民団体は、死亡した元兵士が生前に残した証言映像を活用したり、インタビューの録音テープを使ったりと、次世代に訴えるために模索を重ねている。(同記事のリード)   

      収録した音声に 参加者聞き入る
 
 昨年12月、「不戦兵士・市民の会」(千葉9が都内で開いた集会では、千島列島・シュムシュ島(占守島)の守備隊委員としてソ連軍t対峙した男性=当時(96)=のインタビュー音声が流された。男性が当日、体調が悪くて会場に来られないため、事前に収録した音声が活用された。
 「本土決戦で日本が勝利するために、自分たちは捨て石になると思っていた。いよいよ最期だと覚悟した」「でも(ソ連側の捕虜になった後に)戦後の日本のために何をなすべきか考えた方がいいと思いなおした」。音声だけとはいえ、当事者の詳細な証言には迫力と説得力が伴う。参加者はじっと聞き入っていた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント