おふくろが口ずさんだ 「サーカスの唄」

 ♪「旅のつばくら 寂しいかないか おれもさみしい~」、頃は1937(昭和12)年、所は旧満州・公主嶺(現中国東北部)という小さな町。おふくろが内職の手を休めず、レコードからながれる歌にあわせて口ずさみます。哀調漂う「サ-カスの唄です。
画像
 夫とは別離状態。幼子3人を抱えて、いまでいう「母子家庭」。「大正」のはじめ、17歳。見合い写真で単身渡満(とまん)。親父はあのシベリア出兵に追従するなど、関東軍のご用商人。放埓無頼(ほうらつぶらい)で行方知れず。そんな女の異国の地でうたう歌は、いつもとぎれ、とぎれ、それも気分はハイ(高い)なとき。
 蓄音機のゼンマイがきれかかって「ブーン・ウーン」と鳴り出すと、キット、こちらをみて、「ボヤーっとしないで巻きなさい」とせき立てます。
 明治29(1897)年石川県金沢生まれ、戦争で息子2人を失い、壮絶な「昭和」を生き抜き「戦争だけはダメ」が口癖の、秘めた女の決意と憂いが今にせまります。(10年前、母の日に書く=写真)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント