ブログ「満洲っ子 平和をうたう」 12年目に

 私のブログ「満洲っ子 平和をうたう」がスタートしたのが2008年6月9日。今日、2019年6月9日で12年目に入る。思えば長い作業の連続だった。日数にすれば4016日。ページ数が5670だから一日平均1.41回の発信になる。よくもまあ!と驚く。ここまで続けられたのは、あの過酷で忌わしい戦争の体験を後世に伝えたい強い思いが私を鞭打ってきたからに違いない。
画像

ブログ名称=満洲っ子 平和をうたう
スタート=2008年6月9日

画像
MESSAGE=「本日をもって本校を閉校とする」、ふりしぼるように校長が宣言した。時は、1945(昭和20)年8月10日。所は旧満州(現中国東北部)・新京(現長春)第一中学校の講堂でのこと。1年生、13歳だった。「ウーン、ウーン」と空襲警報が鳴っている最中である。前日のソ連参戦で市内は大混乱。70キロ南の生家・公主嶺(汽車通学していた)に向う列車に友人と飛び乗った。続々と南下する無害貨物列車は関東軍の家族でいっぱい。武装した兵隊たちも同乗、退却しているのだ。
 当時、満鉄(南満洲鉄道株式会社)・新京駅の助役をしていた長兄(一男)から後で聞いた話だが、居丈高の憲兵の命令は、「軍関係者を優先して転進させろ!他(ほか)はどうでもいい」ということだった。その結果、残された一般民間人が惨たんたる状態追いやられたことは周知の事実だ。

画像 
 四兄(四郎)はシベリアに連れ去られ戦犯に。五兄(利則)は神風特別攻撃隊の一員としてフイリピンで戦死。学徒出陣、海軍中尉、20歳だった。彼が部下に託した遺書にはこうあった「誰のためでもない、祖国を守るために俺は行く。行くしかないんだ。後を頼む、男だからおふくろを頼む」と。
 戦後引き揚げ、長じるに及んで「戦争は二度とさせない」の思いいっぱいだ。戦争体験を次の世代に語り、書き綴り、映像で、歌で伝えたい。程なく傘寿になる。急がなければならない。

アクセス数=511816
テーマ数=72(ページ数ベスト30を表示)
永井至正3132、東京新聞から768、公主嶺634、東京空襲596、土屋洸子556、音楽525、平和の名言371、佐藤真子331、しんぶん赤旗304、憲法9条267、一日一言257、ブログ252、伊藤 聖235、オンブズマン213、永井和子212、平和の俳句191、年金・江東190、ふくわらい180、神風特攻172、片山夏子163、今日の一言160、牛山れい子156、満洲133、平成の言葉129、江東・年金115、雲ながるる果てに113、年金・SS100、戦後70年92、日中友好江東85、共産党79

URL】 https://38300902.at.webry.info/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント