地位を守ることに一生懸命 『赤旗・潮流』

このごろ、何をやっても裏目に出る晋三くん。みんながコロナで大変なときに打つ手はことごとく失敗。反感を買ってひっこめたり、やめたり。そろそろ、いやにならないのかな▼私たちの要望で支援をひろげたのは良かったけれど、これまたお金の使い道が問題に。訳のわからないところに計上したり、幽霊みたいな会社を通して親しい苦行に託したり。みんなのお金なんだから、勝手に使わないでよ▼収入がなくなって困っている人たちにお金が届かない、命綱としてがんばっている医療や福祉の現場を支えない。いままでも散々いわれてきたのにね。そのくせ自分の地位を守ることには一生懸命で、すごく批判された▼世界からも浮いているよ。トランプ大統領が呼びかけた今月下旬の首脳会議に真っ先に手をあげたけれど、延期。ドイツの首相らは今の感染状況をみれば賛成できないといっていた。どちらが賢い判断かな▼そうそう、お友だちの太郎くんもまたひどいことを口にしたね。他国の人から日本の死亡率が低いことを問われ、「お宅とうちの国とは国民の民意のレベルが違うんだ」と答えたんだって。「みんな絶句して黙る」といばりながら▼何様のつもり。共産党の志位さんは「世界中で差別や分断でなく、連帯が大切といううねりが起こっているときに平気でこういう発言をするとは。そりゃ『みんな絶句して黙る』でしょうね」と。こんな態度だと、いくらサイコロをふっても、ふりだしに戻るだけだよ。ねえ、晋三くん。(2020・6・6) 【今日の出来事】1944年、ノルマンディー上陸 1950年マッカーサー、レッドパ…

続きを読む