東京大空襲犠牲者名簿データ化

東京大空襲の記憶を伝える活動をしている国分寺市の浜田嘉一さん(83)は、東京都が管理する81147人分の犠牲者名簿をデータ化し、インターネット上で公開するよう働き掛けたいと考えています。沖縄県の「平和の礎」を参考に、戦争犠牲者を匿名の人数うではなく、一人一人の名前で後世に残すためです。遺族が名簿に遺族の名前を見つけられなければ、新たに登録できるようにしたいそうです。データ化という発想の若さに驚かされました。(東京新聞・首都圏日誌 2020年9月16日 19面ー「メトロポリタン」から) 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント